1. HOME
  2. イベント
  3. ワークショップ
  4. 本格的な和紙をおうちで作れるワークショップ《和紙ラボTOKYO》

本格的な和紙をおうちで作れるワークショップ《和紙ラボTOKYO》


【オンラインで楽しもう!】本格的な和紙をおうちで作れるワークショップ《和紙ラボTOKYO》

【オンラインで楽しもう!】本格的な和紙をおうちで作れるワークショップ《和紙ラボTOKYO》

キットを事前にお送りして、当日それを使って完成させていくオンラインワークショップです。(Zoomで開催)本来、対面式のワークショップでは、専用の道具と特殊な植物を使って和紙を作ります。
今回、なんとかおうちにいながらも本格的な和紙を作ることができないか試作を重ねてついに実現することができました。
職人が作る和紙とまた違った和紙を完成させることができますよ。
キッチン道具をつかって、オクラを使います。
(和紙のもと(葉書2枚分位)は、キットとして真空パックにしてお送りします)

内容は、和紙を漉(す)くだけではありません。
対面式のワークショップと同じように、伝統的な作業を体験頂きます。
最初に、和紙はどうやって作られているか資料を見ながら簡単に説明します。
次に職人がどうやってつくっているかを説明して、今回やる作業はどこに当たるのかをお伝えします。
そしてついに和紙作りスタートとなります。
和紙のもとを洗ったり、叩いたり、ゴミをとったり、オクラを刻んだりなど、まるで料理を作るように進めています。

乾燥方法として自然に乾かす方法とアイロンで乾かず方法の2種類をお教えします。

めったにない変わったオンラインワークショップですので、ぜひこの機会に楽しんで頂けたら幸いです。

<キットの中身>
①和紙のもと(楮)→届いたら冷蔵庫で保管してください
(化学漂白や化学薬品を一切使用せずに下準備したものです)
②飾り用和紙
③洗濯ネット
④不織布2枚
⑤吸水タオル
⑥板2枚
⑦水切りネット
⑧作り方資料(途中で分からなくなっても資料をご覧頂いて作ることもできます)
⑨木槌または木の棒
⑩水切りざる+トレー
⑪ジップロック

<ご準備頂くもの>
①オクラ2本(生)
②和紙のもとを入れるボウルかバケツ
③ざるの受け用のトレーかバケツ
④小さなコップ2個
(紙コップでもOK)
⑤大きめなタオル2枚位
(汚しても良いもの)
⑥裏面白のチラシかコピー用紙数枚
⑦水を空ける用のバケツ
⑧ざる(違う形状を作りたい場合)
⑨ぞうきん 数枚

※おうちにあるもので代用できるものがあればそれで充分です。

<注意事項>
1、参加申込されましたらメッセージを送らせて頂き、発送先などの方法をご連絡させて頂きます。
2、お一人につき1キット分です。もし親子で参加の場合は申込は人数分でお願いします。
3、小学校低学年(1~3年生)の場合は、親御さんが手伝っての参加ならば可能です。(この場合は参加人数は1人分になります)
4、参加申し込みされた方は、開催確定期限(開催日5日前)が過ぎた後に送り先を教えて頂いた方々から順にキットを発送させて頂きます。
(開催確定期限過ぎた後はキャンセルの返金には応じられませんのであらかじめご了承ください)
5、送料は参加費に含まれております。(ゆうぱっくにて発送予定)
6、当日は、画面にお顔が見えるように設定しておいてください。
7、参加する直前に手を洗って清潔にしておいてください。(クリームやオイルは塗らないでください)
8、エプロンなど着用し、和紙の繊維が洋服につかないようにしてください。

開催日時 : 10月25日 AM10:30~
定  員 : 4名
料  金 : 大人:4,000円、中高生:3,800円、小学生&未就学児:3500円(キット、送料込み)
対象年齢 : 小学生~大人
所要時間 : 約2時間

お申し込みはこちらのページから

COMING

今後のイベント | ワークショップ